FC2ブログ

AMT ワークショップ

サクラメントにて、ボウエン・テクニックのプラクティショナー向けの College of Applied Myoskeletal Therapy 代表の John Garfield によるワークショップを開催するにあたり、コーディネイターを務めさせていただきました。

2016年4月24、25日 の二日間は骨盤と腰部
jgpelv.jpg

骨盤のバランスを見ることから始め、どのような筋肉の緊張があるか、そしてそれによって、遠方からの修正の仕方など。

4月27日 下肢
神経支配、デルマトーム、回盲弁からくる腰痛、内閉鎖筋、背臥位でのスパイラルラインからの腸脛靭帯テクニック、膝のリリースや距骨関節のアセスメントについて。
jgamyd1.jpg


4月28、29日 首、上半身
上部僧帽筋や肩甲挙筋に間接的にアプローチする方法や肩甲骨間の痛みを和らげるテクニック、主な首の6つの筋肉の層の緊張を調べ、それぞれにアプローチする方法など。
jgamtutn.jpg

首が回らない、とにかく痛いなどとボウエンに来ていただいた時に速攻で威力を発揮するので、普段の全体を整えていくボウエンとは別に使えそうです。
スポンサーサイト



Profile

Bowen Japan

Author:Bowen Japan
日本人初のボウエン・テクニックのインストラクター。American Bowen Academyにて、マスタークラス修了後、ABAのアソシエイト・インストラクターとしてカリフォルニア州と東京、千葉でクラスを指導のち、Romney Smeeton氏に師事する。現在は、カリフォルニアと日本で施術しつつ、日本でのセラピスト育成のためにBowen School Japan®にてクラスを開催している。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.