FC2ブログ

参考図書

今日は、私と同じ頃にインストラクターになったイギリスのE.C.B.S(European College of Bowen Studies )のインストラクターのガスとチャットしていました。

ガスのインストラクターはE.C.B.Sの校長の Julian Bakerです。ジュリアンは、もともとは ボウテックのオジーからボウエン・テクニックを学びましたが、後に独立して自分の学校をつくりました。そして、ホリスティックなモダリティとされていたボウエン・テクニックを、医学的な信憑性のあるものにするために、数々の解剖に立ち会い、筋膜の働き、そしてボウエン・テクニックが筋膜を通して身体全体に与える影響について研究を続けています。

神経筋テクニックの第一人者で、オステオパスでもある Leon Chaitow は、メディカルスクールで使われるテキストブックの執筆もしていますが、Chaitowの新刊の中で、ジュリアン・ベイカーも、筋膜について執筆しているそうです。
chaitow


アメリカでこの本が手に入るのは今月末!
楽しみです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Bowen Japan

Author:Bowen Japan
日本人初のボウエン・テクニックのインストラクター。American Bowen Academyにて、マスタークラス修了後、ABAのアソシエイト・インストラクターとしてカリフォルニア州と東京、千葉でクラスを指導のち、Romney Smeeton氏に師事する。現在は、カリフォルニアと日本で施術しつつ、日本でのセラピスト育成のためにBowen School Japan®にてクラスを開催している。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.