FC2ブログ

ソノマ郡の火事と呼吸器

先週から、カリフォルニアでは火事が同時多発していて、外に出ると煙、家の中まで煙。

最初は、サンタロザ方面の人たちや馬たちの避難場所を提供すると言っていたのですが、もしかしたら、自分の家の方まで火事が来て避難しないといけないかも、と風向きが怪しくなってきたりで、念のために準備をして、、、

srroundbarnburn.jpeg


避難する時に最低限必要なもの、と車に積んだのは、毛布、水、赤ちゃんのオムツ、おしりふき、ベビーフード、パスポート、財布、写真アルバム数冊、馬の頭絡とロープ、ブーツ、下着。そして、常にガソリンを満タンにして。あとは何とかなる。
まずは、命あってのこと。大人の服などはすぐに寄付品でなんとかしのげるし、食べ物も無料で配布される。

燃えてしまって取り返しがつかないものは、何かな、と考えると、写真や育児日誌のような、思い出のある品。
けれでも、こういうものも、今ではデジタルでクラウド保存ができるから、いいですね。

rounbarnsr4.jpeg


近くの火事が収束しても、少し離れたところの火事が風向きによっては襲いかかったきて、避難しなくてはいけないかもしれない。そんな状態の1、2週間でしたが、結局、避難する必要もなく、一番近くの火事は7割は鎮火され、一雨降って大丈夫かな、というところで、サンフランシスコへ行ってきました。

途中のサンタロザは焼け跡の建物がフリーウェイから見えて、どうしてこんなところが?という所が燃えていて、隣は大丈夫だったり、まだ煙が立っている木もあったり、パトカーや消防車、電気会社のトラックが何十台も連なっていたり、とカオスでした。

普通に暮らしていても、突然、納得できる理由もなく、家が燃えてしまい、生活の場がなくなってします。もしくは職場が一夜にして消えている。
ここから復活していくのには、大きな力が必要です。

煙のせいで、咳をしていたり、喉が痛いという人が多くいらっしゃいました。また外にいる馬なども、ゴホゴホしていました。
こういう時には、ボウエンの呼吸器が威力を発揮します。

22790665_10214449022801629_96658676_o.jpg


喘息やアレルギー、空気の汚れなどで呼吸器に負担がかかったいる時、風邪の時などにもぜひ使ってくださいね。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Bowen Japan

Author:Bowen Japan
日本人初のボウエン・テクニックのインストラクター。American Bowen Academyにて、マスタークラス修了後、ABAのアソシエイト・インストラクターとしてカリフォルニア州と東京、千葉でクラスを指導のち、Romney Smeeton氏に師事する。現在は、カリフォルニアと日本で施術しつつ、日本でのセラピスト育成のためにBowen School Japan®にてクラスを開催している。

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.